忍者ブログ

シアリス効果

シアリス(タダラフィル)の純正薬やジェネリックの効果や特徴について

ベストケンコー - シアリスでタグ付けをされた商品

今世紀に入ってからのED治療

今世紀になってからも、EDの治療は―大昔と同じように―あいかわらず民間療法に頼っていた。あるアメリカ人の老人によると、セックスする前にサンザシ、黒胡椒、蜂蜜を混ぜあわせたものをペニスに塗ると効くという。現在、サンザシには、アロトピンとヒヨスチンという2種類の強力なアルカロイドが含まれていることが分かっている。ペニスの粘膜をとおして吸収され、勃起を助けた可能性もある。

胡椒は、灼けつくような感覚を与えて、勃起の持続時間を延ばしたのかもしれない。蜂蜜は単なる潤滑剤にすぎない。

乾燥地帯にはえる低木ダミアナの葉も、1870年代からEDの自然療法に使われている。この植物のタンニンと精油で作った水溶液は、アメリカ南西部とメキシコでは有名な強精剤である。ダミアナを飲むと尿道がひりひりして、ペニスの感度がよくなるというのがその理由らしい。

アメリカインディアンは、勃起を助ける薬として、ジムソンウィード(シロバナチョウセンアサガオのこと。別名ジェイムズタウンウィード)を常用していた。これはナス科の植物で、非常に強い毒がある。この種を粉末状にし、バターと混ぜて食べていた。それ以外に、性器に塗ることもあった。この効能は古くから信じられていて、いくつかの文学作品にも登場している。昔から、花の咲くこの植物はいろいろな名前でよばれていた。ロコウィード(気を狂わせる草)、デビルズウィード(悪魔の草)、エンジェルチューリップ(天使のチューリップ)、スティンクウィード(悪臭のある草)。どのような粘膜からもすぐに吸収され、大部分は尿になって体外に出される。ジムソンウィードはこれすべて毒という植物で、小さじ半分の種を食べただけでも、心臓や肺がやられて死んでしまうことが分かっている。

今世紀、ほとんど進歩していないED研究に巨大なうねりが生じた。波を起こしたのは、ジグムント・フロイトと仲間の心理学者たちである。EDには心理的原因、それも特に子供時代の経験が関係していると主張したのだ。心に受けた傷を思い出せばEDは解消するという信仰のもと、患者は精神科医の助けを借りて、必死になって数々のエピソードを思い出そうとした。不幸なことに、このやり方は、長く苦しい時間を患者に強いながら、数十年にわたって続けられてきた―患者本人はEDという重荷を引きずったまま。この強大な概念は、EDの定義と治療法に大きな影響を与え、つい最近の1980年代まで絶対的真理として君臨していたのである。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR




バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- シアリス効果 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-