忍者ブログ

シアリス効果

シアリス(タダラフィル)の純正薬やジェネリックの効果や特徴について

ベストケンコー - シアリスでタグ付けをされた商品

古代ギリシャのED治療

EDは人間の歴史のようなものだ。数千年前からEDに対抗する色々な治療法が編出されてきた。この問題に対する考えや治療法は、いうまでもなく、それぞれの時代の文明や宗教と深く結びついている。

人間はいつ頃から勃起問題に悩んでいたのか?正確に知るためには、まず聖書をのぞいてみればいい。創世記、EDは姦通をくわだてた者への罰として登場している。アビメレクはアブラハムの妻とセックスしようと考えただけで、EDになってしまった。高度な文明を誇った2000年前のエジプト人は、EDの治療法を記録に残している。彼らはEDをある神様の天罰だと信じており、まず偶像に捧げ物をして怒りをといてもらおうとした。その一方、普段の生活では効きめのある薬草を用い、弱った硬度の回復や、失われた男性能力の復元につとめていた。

古代ギリシャでもEDはめずらしくなかった。当時、正常に勃起しないのは、子供時代に墓の上に座ったせいだと広く信じられていた。治療法は、雄羊の去勢に使ったナイフについている錆や血をまぜた水薬を飲むことである。

おもしろいことに、精神的原因によるEDがいつ頃歴史に登場するか調べていくと、はるか昔、ギリシャ神話のイピクロスにたどりつく。ピュラコス王の息子イピクロスは、子供時代、去勢した雄羊の血にまみれたナイフを握りしめた父親が自分の方へやってくるのを見た。自分を次の生贄にするつもりかと縮みあがったときの恐怖が尾を引いて、王子は慢性的な勃起不全に陥ってしまった。このために治療者メランプスがとった方法は、後年の精神科医が好んで使う手法である。王子にその去勢用ナイフを見せたのだ。とうの昔に血は乾ききり、ナイフ自体も錆びついているのを確かめたことで、イピクロスの恐怖は消え、EDは全快した。

時代はどんどん過ぎてゆくが、大部分の男性はギリシャの青年のような幸運には恵まれなかった。中世までのカトリック教会はEDを悪魔つきの症状だとも、呪いのせいだとも考えていた。この時代、他人をいきなりEDという不幸に突き落とすために流通していたのは、人間の恐怖感を利用した《リガトゥーラ》という性魔術である。祈祷者は、縄か革紐にいくつか結び目を作って、秘密の場所に隠すだけでよい。そして哀れな犠牲者に自分が何をしたか告げるのである。結び目の数と形によって、犠牲者の勃起不全の程度・・・軽くてすむかまるっきりだめになるか・・・が決定される。完璧な生殖不能状態にできるバージョンもあったらしい。もちろん、魔術はどれだけ魔法を信じているかにかかっている。その効力におののいてひれ伏してしまえば、祈祷者の思うつぼである。反対に、そんな呪文など別の魔法で撃退できると考えれば、明るい未来が得られることになる。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。
PR




バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- シアリス効果 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-